2017年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
今日
営業時間:
WEB SHOP:
午前11時ー午後7時
蔵前店舗:
火〜土 午前11時ー午後9時
日曜・祝日 午前11時ー午後8時

定休日
毎週月曜日(祝日は除く)
 

TMAHG01SS 東京マルイ グロック18C シルバースライド

商品名 : TMAHG01SS 東京マルイ グロック18C シルバースライド

製造元 : 東京マルイ

希望小売価格 : 14,904

価格 : 10,430円(税込)

ポイント : 104

数量 :

【商品説明】
●製造:東京マルイ
●品番:TMAHG01SS
●定価:13800円(税抜)
●フル・セミオート切替式
●全長:201mm
●重量:678g(バッテリーをセットした状態の重量)
●銃身長:105mm
●電動ハンドガン用専用バッテリー仕様(7.2Vニッケル水素マイクロ500バッテリー)※1
●装弾数:30発
※1:充電はマイクロ500バッテリー専用充電器を使用すること


【メーカー説明】
ハンドガンの小さなスペースの中に、電動ガンの心臓部ともいえるメカBOXを完全収納。新開発の金属製マイクロメカBOXを搭載し、最大50mオーバーの飛距離を実現しました。
また、シリーズ専用にデザインした高出力の7.2Vマイクロバッテリーを開発。
コネクター接続なしにワンタッチでスライド内にセット可能で、フルオート発射でも電動ガンならではの安定性を発揮します。
1回の充電に必要な電気代はわずか1円以下!コストパフォーマンスにも優れ、ゲームユースに最適なモデルです。


《主な特徴》

  • ●フル・セミオート切替式:スライド側面のセレクターを操作することで、フル・セミオートをワンタッチで切り替えることができます。
  • ●独特なスタイルを再現:コンペンセイターモデルであるグロック18Cの、バレルとスライドのダイナミックなポートを忠実に再現。
  • ●3rdジェネレーション・スタイルのレイルドフレーム:CQB装備に欠かせないライトの装着が可能な20mm幅のアンダーレイルが一体化したフレームには、常に最良のグリッピングを可能にするフィンガーチャンネルとサムレストを備えています。
  • ●高い拡張性:別売のアタッチメント・マウントレイルを装着することで、サイレンサーやドットサイト、フラッシュライトなどをセットすることができます。
  • ●7.2Vマイクロバッテリー:コンパクトなカートリッジ式のバッテリーをバレル下にスッキリ収納。コネクター接続が不要で、バッテリー交換も簡単です。
  • ●ダイカスト製マガジン:装弾数30発、携帯に便利な薄型タイプのマガジンです。


【オプションパーツ】
各種電動ハンドガン用充電器&バッテリー
7.2V 500mAh マイクロ500バッテリー
7.2V マイクロ500バッテリー用充電器


東京マルイ
電動グロック18C用 30連マガジン
電動グロック18C用 100連マガジン



東京マルイ
電動グロック18C用アタッチメントマウントレイル


海外製
各種BB弾はコチラ!!



国産&海外製
各種BBローダー・ケースはコチラ!!





【実銃より】
●公的機関向けとして爆発的に普及しているグロック 17に、オーストリア国家憲兵隊の精鋭対テロ部隊であるGEK COBRAからの要請を受けてフルオート機能を搭載した機関拳銃である。
●その外観はほとんどグロック17と同一だが、スライド左後方にセミ/フルの切り替え用レバーがあるのが特徴で、バレル上方に反動を抑えるコンペンセイター用のガスポートが設置されている。ただし小型でコントロールが難しいため、フルオート射撃時、その命中精度は全く期待出来ず、弾はかなり散らばる様子。
●初期のモデルではバレルが1インチほど延長されて、スライドから飛び出した部分にガスポートが設けられていた。しかし、このガスポートが破損する問題が出たため、改良型である「18C」ではバレル長がスタンダードサイズに戻され、スライド前部上面にガスポートのクリアランスをとるための穴がくり抜かれた。
●この銃を含め、フルオート拳銃は悪用されると危険なため、公的機関のみの販売で民間には流通していない。しかし、クラスIIIフルオートウェポンディーラーの手により、18のスライドを乗せた17がカスタムモデルとしてごく少数流通しており、マシンガン所持資格の厳しい審査を通り抜ければ、手に入れることも可能である。

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません