カテゴリー




2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
振替休日
営業時間短縮 19:00まで
定休日
営業時間短縮 17:00まで(WEB通販は休日)
年始営業 10:00〜15:00まで (WEB通販は休日)
2020年 02月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
定休日
営業時間
----------------------------------
WEB SHOP
11:00〜19:00
----------------------------------
蔵前店舗
火〜土 11:00〜21:00
日曜・祝日 11:00〜20:00
----------------------------------
定休日:月曜日(祝祭日は営業)
----------------------------------
TEL:03-5825-7638
----------------------------------










 
  • トップ
  • 電動ガン本体
  • その他
  • 【次回入荷予定】S&T 64式小銃 Gen.3電動ガン リアルウッド ≪電子トリガーシステム搭載≫【2次予約受付中】

【次回入荷予定】S&T 64式小銃 Gen.3電動ガン リアルウッド ≪電子トリガーシステム搭載≫【2次予約受付中】

商品名 : 【次回入荷予定】S&T 64式小銃 Gen.3電動ガン リアルウッド ≪電子トリガーシステム搭載≫【2次予約受付中】

商品コード : STAEG58

製造元 : S&T

メーカー希望小売価格 : 70,200

価格 : 56,160円(税込)

ポイント : 1,123

数量 :

セレクターは引っ張って回す構造に変更
ストックは床尾板止めピン(ダミー)が追加
※ご予約商品につきまして

・予約販売は先着順での販売となります。生産の都合などにより入荷数が極少となった場合、全ての方に販売が出来ない場合がございます。予めご了承ください。
・入荷時期に関しましては、情報が入り次第順次更新致します。
・価格は予価となります。今後価格が変更となる場合がございますのでご注意ください。
・海外製品となりますので発売が遅れる場合があります。予めご了承ください。
・生産の都合により仕様が変更となる場合がございます。
・初期不良の範疇ではない生産の時点での細かい傷、金型のパーティングライン、塗装ムラにつきましては交換の対象外となります。全ての製品に起こりうるものですのでご了承ください。
・発売時期に応じて消費税が変動する場合がございますので、ご注意ください。

 上記の旨、ご了承頂ける場合のみご予約ください。


 
メーカー名  S&T
全長  約990mm
重量  約3,260g
材質  スチール(マガジン)
 リアルウッド(ストック&グリップ)
 アルミ(フレーム・ロアハンドガード・アウターバレル等)
 樹脂(アッパーハンドガード)
装弾数  388発
コネクター形状  ミニ
動力源  8.4v ミニバッテリー対応(ストック内収納)
その他 特記事項  可変ホップアップ
 新設計8mmベアリングメカボックス
 フリップアップ可変前後サイト

(2020.01発売 電子トリガーシステム搭載)
磁気センサー方式の新電子基板 S&T Generation3メカボックス
・磁気センサー方式によるギア制御システム搭載
・バッテリーが6.0V以下の低電圧時に作動を停止するカットオフ機能搭載
(Lipo7.4Vの下限限界値とされる6.0Vとなっておりますのでそれ以外のバッテリー使用時はご注意ください)
※気温や連続使用によるバッテリーの温度上昇などによりバッテリー自体のコンディションが変化します。
上記はあくまで目安となりますので過信しすぎず、電動ガンの動きが鈍くなり出しましたらバッテリーの交換をお勧めいたします。


(2016.10月発売 ニューバージョン変更点)
・銃床(木製ストック)の形状がリニューアルされ本物に近くなりました。
・床尾板止めピン(ダミー)が付きました。
・切換金(セレクター)が引っ張って回す新構造になりました。


戦後日本の礎を築いた自衛隊の名銃がS&Tより衝撃の登場!!!

(詳細)
豊和工業により日本人の体格を考慮し開発された、1964年自衛隊正式採用の戦後初の国産小銃です。
命中精度を高める為に二脚を標準装備し、弾倉はダブルカラム(複列)式を採用。
また、その弾薬は有事の際に在日米軍との弾薬を共有する事を考慮し、当時のアメリカ軍が配備していたM14と同規格の7.62×51mm弾を使用。
累計230,000丁以上が製造されました。
また、その命中精度の高さは狙撃銃としても運用される程でした。
後継小銃の89式5.56mm小銃の採用により製造を終了しましたが、今現在も予備自衛官用装備や海上自衛隊と航空自衛隊の自衛用装備として使用されています。

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません