営業時間
----------------------------------
WEB SHOP
11:00〜19:00
----------------------------------
蔵前店舗
11:00〜20:00
----------------------------------
定休日:月曜日(祝祭日は営業)
----------------------------------
TEL:03-5825-7638
----------------------------------

2021年 01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
定休日
臨時休業
営業時間短縮 10:00〜15:00まで
営業時間短縮 11:00〜17:00まで
営業時間短縮 11:00〜18:00まで
2021年 02月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       
営業時間短縮 11:00〜18:00まで
定休日
 

東京マルイ H&K MP5-J

商品名 : 東京マルイ H&K MP5-J

商品コード : TMEMG15

製造元 : 東京マルイ

メーカー希望小売価格 : 31,104

価格 : 22,170円(税込)

ポイント : 221

数量 :

 
メーカー名  東京マルイ
全長  582 mm / 735 mm(ストック伸長時)
銃身長  227 mm
重量  2,150 g(空マガジン、バッテリー含む)
装弾数  50 発
動力源  8.4Vニッケル水素ミニバッテリー ※別売
 (ハンドガード内収納)
その他特記事項  ●可変ホップアップシステム 搭載
 ●フルオート(連発)/ セミオート(単発)切替え式

【メーカーより】
ドイツのH&K社が開発したMP5は、ストックやマズルアクセサリーなどのパーツ切替えで120ものバリエーション展開が可能とされています。2002年から日本の機動隊へと配備されたMP5-Jは、フランス向けのMP5-FやそのベースとなったMP5A5に近い仕様であるものの、日本という国の状況に合わせたオリジナルバージョンと言えます。
東京マルイではMP5-Jに装備されている最新のリトラクタブル(伸縮)・ストックを実物を元に再現しました。また、大型のフラッシュハイダー、ドットサイト搭載用のマウントベースなど、MP5-Jに欠かせないパーツも備えています。

≪主な特徴≫
  • ●シンプルな操作性:わずかな訓練で使いこなすことができるというMP5の操作性は、エアソフトガンでも体感することができます。セレクターやトリガー、マガジンチェンジなどの基本操作を直感的に行なえるのがミリョクです。
  • ●各種マズルオプションに対応:フラッシュハイダーを取り外せば、サイレンサーなど14mm逆ネジ仕様のマズルオプションを取り付けることができます。
  • ●リトラクタブル・ストック:通称「Fストック」と呼ばれるストックは、レバー操作ひとつで伸縮が可能です。ストック後部にはすべりにくいゴム製のパットを装備。また、本体両サイドを挟み込むようストックの支柱を金属製にしたことで、ストックをのばした時の剛性も確保しています。
  • ●ロープロファイル・マウントベース:リアサイト前方に、ドットサイト専用のマウントベースを装備。別売のNEWプロサイトを取り付けることで、より正確なサイティングが可能です。
  • ●アジャスタブル・リアサイト:金属製のリアサイトはドライバーで左右を調整でき、円形のパーツを回転させることで穴のサイズを4段階に切替えることができます。
  • ●プレス仕上げのリアルなマガジン:装弾数50発、本物同様のスチールプレス製のアウターケースを採用したマガジンが付属します。


【実銃より】
H&K社が1960年代に発表した短機関銃であり、同社製G3(HK31)のローラーロッキングシステムをそのままに短機関銃化したものである。ベースとなったG3同様のクローズドボルトの発火方式であるため、当時一般的だった短距離の瞬発的な面制圧を目的としたオープンボルト式の短機関銃とは一線を画す、目標に『当てる』事ができる命中精度を誇っている。
しかし、それまでの短機関銃に比べ、部品点数が多く構造も複雑であるために高価で整備性や信頼性に不安があり、発売当初のH&K社は大口の取引先となるドイツ軍への納入を断念。それに替わる納入先として西ドイツ警察や国境警備隊に配備され、その他にも極少数が輸出されるにとどまる。

1977年のルフトハンザ機ハイジャック事件において、MP5を装備したドイツのGSG9が事件を解決したことで一躍有名になり、続く1980年のイラン大使館占拠事件でこのMP5を装備するイギリスSASの映像が世界に公開され、その地位を不動の物とした。
現在は世界各国の軍・警察で採用され、SWATや対テロ部隊では標準的な突入用火器として現在も使用されている。日本でも90年代の終わり頃、海保の特殊部隊であるSSTがA5を、2002年のFIFAワールドカップの日韓同時開催に伴う警備強化を機に、警察庁がMP5E2(MP5F)をベースにした独自モデル(フラッシュハイダーを装備し、強装弾に対応。俗称 MP5J)を導入している模様。現在のH&K社では、受注規模の大小に関わらず、新規のオーダーに関しては従来の基本仕様であったA5ではなく、MP5E2型を勧める傾向がある。

軍用としては、高性能ではあるが高価なうえに低威力な短機関銃でしかないため、採用例は決して多くない。ただ、G3とメンテナンスや生産ラインを共用できるため、ノルウェーやイラン、トルコ、パキスタンなどのG3採用国の一部では、一般兵向けにも支給されている。イランやパキスタンなどでライセンス生産されている製品は独自に輸出もされており、パキスタン製などは安価なこともあって、本家MP5の『替え玉』として映画のプロップガンに使われることもある。

派手さを求めがちなハリウッド映画ではフルオート射撃ばかりが使われるが、本来は正確なセミオートやバースト射撃を旨とする“簡易狙撃銃的な位置づけ”であり、フルオートは使われないことが多い。特にSWATなどのような警察特殊部隊では誤射や跳弾による周辺被害を嫌うのでセミオートが基本である。

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません